ようこそ…潮彩牛のふぁーむながのへ。当牧場は知床半島と根室半島の間にある日本最大級の砂嘴(さし)「野付半島」のほど近くにあります。

焼き方のご紹介
トップ > 焼き方

おいしいお肉を作るために、環境から牧草、飼料、牛の健康管理など、様々なことに気を配りながら大切に育ててきた牛。通常28〜31ヵ月で屠畜しますが、当牧場ではそこから5ヵ月以上時間をかけて生体熟成させます。その後屠畜し、枝肉に解体して、じっくりと30日間冷蔵庫で低温熟成させた後、部位ごとに食べやすい大きさに切り分けて出荷するお肉と、さらに冷凍熟成させるお肉とに分かれます。美味しいお肉をお届けするために、厳密な温度管理と十分な熟成時間をかけるため、ご注文いただいてから半年以上お待たせしてしまうこともある程です。ここまで手間をかけたお肉が、最後の最後に調理されて味わって頂く際に、より美味しく「野付 潮彩牛」本来の味を堪能していただくためのポイントをご紹介させていただきます。

お家でステーキを焼く
【美味しく焼くための下準備】
  1. 冷凍保存しておいたお肉を冷蔵庫などで約半日かけて解凍します。
  2. 解凍後、ペーパータオルに挟み皿に乗せ、常温にて30〜60分程度熟成させます。
    (この工程を行うことで、お肉に旨味が更に増します)
※常温に戻したお肉は鮮やかな赤みをおびますが、その後30〜60分おくことで、色味が落ち灰色がかってしまいますが、その時が焼き頃の目安になります。

【旨みを逃がさない焼き方】
  1. お手持ちの中で一番底の厚いフライパンをご用意ください。
    (火力にムラなく美味しく焼き上がります。)
  2. フライパンをよく温めた後、目玉焼きを作る程度の温度(弱火強)に保ちます。
  3. 表面を約1分弱程焼きます。裏返して更に約1分弱程焼きます。
  4. 火力を弱め、表裏を焼く工程を、お好みの焼き加減になるまで繰り返します。
  5. 焼き上がったお肉を皿に取り、アルミホイルでふんわりと包み、余熱で5分程休ませます。
【美味しくいただきます!】
  1. お好みの大きさにカットします。
    (まずは何も付けず肉本来の味をご賞味ください。)
  2. 塩胡椒、わさび醤油、山わさび、にんにく、大根おろし 等、お好みでお楽しみ下さい。
ステーキ

お家でハンバーグを焼く
美味しく
焼くための
火力
美味しく焼くための<火力
【旨みを逃がさない焼き方】
  1. 軽くプレートを熱した後
  2. 冷凍のままのハンバーグをプレートにのせて、フタをして焼く(約2〜3分)
  3. 軽く焦げ目を付け、裏返して、裏面にも焦げ目を付ける(約2〜3分)
  4. 裏返して、火力を下げ、約2分焼く
    ※焼きが足りない場合は、2分程焼く
  5. ふっくらと真ん中がふくらんで出来上がり
    ※全行程、8〜12分程かかります
【美味しくいただきます!】
■ 初めての方は、まずは焼き上がりを、そのままで食べるのをおすすめします。
■ 焼いた後の肉汁に玉ねぎのみじん切り等を入れて炒め、ハンバーグに添えてもgoodです!
■ 肉汁は旨いので、盛り付けたハンバーグにかけてもgoodです!
■ 大根おろしであっさりとお召し上がりください。
こだわりハンバーグ

このページのトップへ